>

子供専門だからできること

歯医者さんは怖くない

歯医者さんは、普段の生活では接することのない独特の空間です。
消毒薬のにおいに加え、神経に障るようなドリルの機械音がします。
お子さんにとってはなんとなく「怖い」と感じさせる雰囲気を持っています。
「小児歯科」は、そんな子供たちを多く相手にしてきたツワモノであるわけで、お子さんが楽しくなるような、幼稚園や保育園のような楽しい内装の待合室や絵本やおもちゃを置いたキッズスペースを設けるなど、様々な工夫が凝らされています。
また、歯科医師だけでなく歯医者さんのスタッフも、お子さんの扱いに慣れていることもあり、ご両親としては診察台の上で泣かれて不安に感じるといったことはまず無いので、お子さんもご両親も安心して治療を受ける(受けさせる)ことが可能です。

的確で素早い対応

虫歯になりやすいお子さんの歯。
ブラケットなど矯正器具を取り付けていると、歯垢が残りやすくなったりするため、もともと虫歯になりやすい歯を、より危険にさらしてしまうとも言えます。
せっかく始めた矯正も虫歯治療が優先され、先送りになってしまうこともあります。
その点「小児歯科」で矯正治療を行っていれば、定期的な進捗確認のための診察の際に、虫歯治療→矯正治療再開と、スムーズに行えるというメリットがあります。
また指しゃぶりなどの悪癖によって、不正咬合、つまり出っ歯や受け口などの症状が起こっているような家庭の生活の中だけでは気づき辛いことも、専門的な知識やテクニックを持つ小児科医であれば、早期に発見することも可能です。


この記事をシェアする